サイコロステージ運営

パクリボードゲーム「サイコロステージ」の運営サイト(笑)

さいすて! ver1.02環境 各カード雑感

カードの表記方法

・コスト お迎えに必要なジュエル
・A/B Aの数字:対応した出目 Bの数字:貰えるジュエル数
 例 2/1→出目で2がでたら1貰える
・色の意味
 青:各プレイヤーのターンで発動 運営からジュエルをもらう
 白:自分のターンのみで発動   運営からジュエルをもらう
 赤:相手のターンのみで発動   数字を出したプレイヤーからジュエルをもらう
 SSR:自分のターンのみで発動
・期待値の計算方法
 白:1回の収入÷目の出る確率
 赤:1回の収入÷目の出る確率×対戦相手の人数
 青:1回の収入÷目の出る確率×プレイヤーの総数

トップアイドルカード

トップアイドル 城ケ崎美嘉 コスト4

【ダイスを2個振れるようになる】
振るサイコロを1個にするか2個にするかの選択権を得る。
BOXガシャの38種類のうち13種類のカードが自分7以上の出目を出さないとテキストを発動できない。

トップアイドル 島村卯月 コスト10

【「卯月」「美穂」「響子」「凛」「未央」の獲得ジュエルを+1する。】
一番影が薄い印象がある。赤のカードがどうしても使いにい。

トップアイドル 神崎蘭子 コスト16

【自分のターン開始時のダイスの目がゾロ目な場合、もう1回手番を行うことができる。】
つまり、トップアイドル美嘉がいないとテキストがないに等しい。
ゾロ目が出たら当然強い

トップアイドル 依田芳乃 コスト22

【自分のターン中、1度だけダイスを振り直すことができる。】
印刷で「毎ターン」となっていますがエラッタです。ごめんなさい。
振り直しで白カードの大量収入をお互い狙い始めるといよいよ終盤だなぁって感じ。

トップアイドル 渋谷凛 コスト2

【自分のターンに振ったダイス目の合計が10以上の場合はその目に+2できる】
1d戦略、アナスタシアコンボ、1止め戦略、TP、大量収入狙い等々ありとあらゆる戦略で悪用されているカード。

トップアイドル 双葉杏 コスト30

【アイドルをお迎えせずに自分のターンを終えると運営から10ジュエル支給】
スーパーパワーカード。30ジュエルを抱え込むのはかなりのハイリスクだけれどそれだけの価値がこの杏にはある。
杏を早期獲得できたプレイヤーの勝率は相当高い。
通常プレイでは6枚目の最後のトップアイドル担当。

事前登録者配布SRカード(初期配布カード)

三村かな子(初期配布) 1/1 青

期待値 二人 三人 四人
ダイス1個 0.33 0.5 0.67
ダイス2個 - - -

本田未央(初期配布) 2~3/1 白

期待値 二人 三人 四人
ダイス1個 0.33 0.33 0.33
ダイス2個 0.08 0.08 0.08

ダイス1のゲーム中はかなり期待値がある。 初期配布だからと舐めて交換したりしないようにしよう。

PCS

五十嵐響子 コスト2 3/1 赤

期待値 二人 三人 四人
ダイス1個 0.17 0.33 0.42
ダイス2個 0.06 0.11 0.16

序盤戦専用。ダイス2個になってからは事務所待機になってしまうタイプのアイドル。
序盤はジュエル0なことが多く買った分のジュエルを回収する前にダイス2のゲームに突入しがち。
相手の購入妨害としても3という出目は初期配布未央と被るのでいまいち。
パットしない印象なカード

小日向美穂 コスト3 9~10/2 赤

期待値 二人 三人 四人
ダイス1個 - - -
ダイス2個 0.5 0.88 1.16

条件無しの赤カードでは一番期待値が高い。待ちが2面なため早い段階で購入ジュエル分を取り返す事を期待できる。
ただダイスを2個振っているプレイヤーに対して「2ジュエルを奪う」というのは火力不足な感じが否めない。
同一プレイヤーが複数枚所持できるとかなり強い印象がある。

小日向美穂 コスト1 7/1 赤

期待値 二人 三人 四人
ダイス1個 - - -
ダイス2個 0.17 0.33 0.50

小日向美穂 コスト1 8/1 赤

期待値 二人 三人 四人
ダイス1個 - - -
ダイス2個 0.14 0.28 0.42

コストパフォーマンスの塊。特にトップアイドル卯月を置いた後はヤバイ
わずかで1コストで毎ターン期待値1.00をたたき出す化け物カードである。
「1回妨害できれば購入ジュエルを取り返せて、その上みりあの収入あがる」と考えると凄いお買い得な感じがある。
とくに考えがなくてもとりあえず買っておけば少なくとも3、4ジュエルは回収できるからやはり買い得。
ただもちろんガチャは回る。
妨害カードとしての単体での性能はお察し。
PCS卯月買って複数枚持つとなかなかの脅威。

五十嵐響子 コスト3 5/5 赤

【そのプレイヤーの所持トップアイドルが2名以上の時のみ、そのプレイヤーから5ジュエル獲得】

期待値 二人 三人 四人
ダイス1個 0.83 1.67 2.5
ダイス2個 0.56 1.11 1.67

条件付きなだけあってなかなかの壊れカード。5という出目がそこそこ確率があって一撃5ジュエルという所が妨害的にも強い。
このアイドルの存在により早期のトップアイドルお迎えがリスクを孕むプレイになる。
シナジー等関係なく強いので、見えたらぜひお迎えしておきたいアイドル。

五十嵐響子 コスト4 12~14/all 赤

【そのプレイヤーの所持トップアイドルが3名以上の時のみ、そのプレイヤーから全ジュエル獲得】

期待値 二人 三人 四人
ダイス1個
ダイス2個 ?1?

「加蓮」「智絵里」「みりあ」での大量収入狙いへのメタカード。
中盤は牽制的な意味合いでかなり強い。
終盤は全額払った後にそれ以上の大量収入が発生してゴリおされる印象。
他人にとられるのは嫌だけれど自分でとるのも嫌なタイプのカード。
やはり「支払の後に収入」なのがどうにもなんというかよくできているなぁという感じ。
優勢なプレイヤーがメタられるのきらって取るか勝ち目が現状見えてないプレイヤーがスローゲームをやりたがってスカウトしていくのをよく見かける。

赤城みりあ コスト2 12~13/2x 白

【自分の場の卯月響子美穂1枚につき2スタージュエル】

期待値 二人 三人 四人
ダイス1個 - - -
ダイス2個 0.17x 0.17x 0.17x

他人数せんだは大量のジュエルを抱えてを手番を渡すと、結構な確率で「半分にする」「平均にする」といった妨害を受けて手元からジュエルがなくなってしまう。なので多人数戦で。は自分の手番の1ターンの内にジュエルを20個30個を稼いでその資金で高額トップアイドルを買うというのがかなり重要だ。
そういった面でこのみりあはかなり魅力的だ。前述したとおり赤のカードは場に流れてきやすく集めやすい。ゲーム中盤から集めはじめても気が付いたら8枚9枚あるみたいな事がよくある。そしてこのカードの名称シナジーはそんな赤のカードで構成されている。そんな訳で「自分の手番での大量収入」というのが全カードの中で実現しやすい。シナジー名称の中に1コストのアイドルが2種類いるというのも大きい。赤構築のみりあは浪漫の塊。
かな子卯月の独占ムーヴの時に「卯月名称」でフィニッシャーとして活躍できるのも忘れてはいけない。

TP&NG

神谷菜緒 コスト2 8/2 青

【自分の事務所にトップアイドル渋谷凛がいるなら発動】

期待値 二人 三人 四人
ダイス1個 - - -
ダイス2個 0.84 1.25 1.67

コストの安さ、悪くない出目、青色まさにコスパの塊みたいなカード。
流石に条件持ちなだけある。
印刷でのテキストで3って書いてあるのはエラッタですごめんなさい。
右下の数字が正しいです。

神谷菜緒 コスト5 12~14/x 青

【自分の事務所にトップアイドル渋谷凛がいるなら発動 追加で振ったダイス2個の目分のジュエル獲得】

期待値 二人 三人 四人
ダイス1個 - - -
ダイス2個 0.78 0.97 1.16

トップアイドルカード1枚だけのシナジーで最大14ジュエル獲得のチャンスがある浪漫カード。
青だから相手ターンにも当然発動する。相手の出目10に渋谷の+2で12作るみたいな動きをためらわさせる牽制的な意味合いでも強い。
当然相手の北條花蓮が発動したらこちらも発動する。逆も然り。

島村卯月 コスト2 1/3 赤

【自分の事務所にトップアイドル渋谷凛がいるなら発動する。】

期待値 二人 三人 四人
ダイス1個 0.50 1.00 1.50
ダイス2個 - - -

脅威の収入期待値。この卯月を置くと各プレイヤーが2個ダイスを振りたがって城ケ崎美嘉を取りに行き出す。

渋谷凛 コスト2 4/3 白

期待値 二人 三人 四人
ダイス1個 0.50 0.50 0.50
ダイス2個 0.25 0.25 0.25

トップアイドルの枚数制限条件が無い1ダイス帯のアイドルの中で一番期待値があるアイドル。
ダイス2帯でもそこそこな期待値があるのがうれしい。
ゲーム最終盤で妨害ケアで1ダイスを振り始める時にPCSパンプで4ジュエルもらえたりするのもうれしい。
個人的には獲り得ランキングかなり上位

本多未央 コスト0 2/2 白

【自分の事務所のトップアイドルが1枚以下なら発動】

期待値 二人 三人 四人
ダイス1個 0.33 0.33 0.33

ダイス1のゲームではこのカードもコスパかなりいいんだけれど個人的にはあまり評価していない。
やはりダイス2以降でも役割をもてるかどうかというのは相当違う。
上記の凛の出目である4には「2青3~4/1多田」「2青4かなこ」「アナスタシア」といった強力なカードが存在しているのに対して2は初期配布の未央と1青2/1の城ケ崎のみというのもでかい。当たった時のアイドルのスカウトの幅が違う。
2人対戦や1D1トップアイドル戦術だとエースカード。

CANDY ISLANDとアスタリスク

三村かな子 コスト2 4/1 青

期待値 二人 三人 四人
ダイス1個 0.33 0.50 0.67
ダイス2個 0.17 0.25 0.33

二人対戦だとあまり獲られることも活躍することもない。
4人5人対戦だと滅茶苦茶活躍する。
2/3~4/1の多田李衣菜の陰にうもれがちだったけれど李衣菜規制により評価が急上昇。
出たらすぐに取られる大人気カードとなった。

島村卯月 コスト1 6/x 白

【自分の事務所の2/4/1かなこの枚数分のジュエルを運営からもらう】

ダイス1個 0.33x 0.33x 0.33x
ダイス2個 0.14x 0.14x 0.14x

・かな子2枚以上した際のコスパも期待値もかなり良い。
・かな子を所持していないプレイヤーはスカウトする理由がないのでかなり独占しやすい。
・基本的に死に目である6で収入を得ることができる。
・6は1ダイスでも2ダイスでもかなりの確率で出る。
というわけでかな子を2枚ピックできたならかなり強い。
ただ現状不人気カード
多田李衣菜規制前はかな子スカウトがあまり評価されていなくて「かな子+卯月」のコンボが見直されたあたりで多田李衣菜規制。
規制後はかな子が人気カ―ドなため複数枚所持するのが難しいため、また評価下がるという感じ。
「卯月」名称を持っているのでトップアイドル卯月で+1つくのは地味に強いんだけれど、現状トップアイドル卯月の早期獲得が強いとされていないのでなんとも。
もしトップアイドル卯月の早期獲得からの良い戦略が発見されたら評価され直す可能性は全然ある。

多田李衣菜 コスト2 3~4/1

【自分の事務所のトップアイドルが1枚以下なら発動】

ダイス1個 0.67x 1.0 1.33x  青

というわけで例の多田李衣菜
あまりに強すぎて今のところ禁止カードにして様子をみている。
5人戦では間違いなく禁止なのが満場一致で確定。
4人戦だと1対応の島村が期待値1.50だから許されるのではって気はしている。

多田李衣菜 コスト3 7/3 青

期待値 二人 三人 四人
ダイス2個 1 1.5 2

地味な壊れカード
当たり前だけれどダイス2で一番で安い目が7なので7に対応した青というだけで強い。
他に7に対応したアイドルで性能がカードがないので多田李衣菜を持っているプレイヤーだけ7で得をするという所がさらに強い。
9,10で2妨害の美穂や幸子をよけているのがさらに強い。
これでコスト3はお買い得すぎる。

前川みく コスト3 9/6x 白

【3/7/3の多田李衣菜を休業状態にする その枚数x6ジュエル運営からもらう】

期待値 二人 三人 四人
ダイス2個 0.67x 0.67x 0.67x

対応多田1枚しかないなら期待値的に6ジュエルスルーして休業させない方が得。
対応多田2枚以上持っているプレイヤーはわざわざみくを買う理由が特にない
というわけで現状不人気カード。
9帯には文香とSSR幸子がいるのでこれ以上9帯で強いアイドル増えるのも困るから修正もかけられない。
どうしたもんかなって感じ。

双葉杏 コスト3 10/3 青

期待値 二人 三人 四人
ダイス2個 0.5 0.75 1.0

出目の確率がそんなによくない&トップアイドル凛の効果で+2で12にした方が収入が大きいor相手に12にされて避けられるみたいなことが多くて他の青のカードと比べていまいちパットしない。

緒方智絵理 コスト2 11.12/2x 白

期待値 二人0.17x 三人0.17x 四人0.17x

赤に同じようなカード「みりあ」が存在するが「みりあ」の対応は12.13で「トップアイドル凛がないと12のみ」「どの出目でも全額没収美穂をくらう」のに対してこのカードは「11」に対応しているのでトップアイドル無しでも2面待ちで11をだせば美穂を食らわないといった違いがある。ただその分対応しているカードがパッとしない。2/4/1かな子と3/7/3李衣菜は人気カードで複数枚とれない。2/34/1李衣菜は規制で消えた。双葉杏は上記の通り微妙。そんな感じでなかなか対応したカードを集めることが難しい。
現状不人気カードのため要修正といった感じ。

アインフェリア

橘ありす コスト3 5/1 青

期待値 二人 三人 四人
ダイス1個 0.33 0.50 0.67
ダイス2個 0.22 0.33 0.44

1d帯で現環境で恐らく一番人気の有るカード。
みんな速攻で取っていく。
実際滅茶苦茶強い
2dはいってからもガンガン仕事する。

鷺沢文香 コスト6 9/5 青

期待値 二人 三人 四人
ダイス2個 1.11 1.67 2.22

3/7/3李衣菜と人気を2分しているカード。
1回で5ジュエルというのが滅茶苦茶大きい。
2枚とれたプレイヤーの勝率はものすごく高い。
ただ場に複数枚SSR輿水幸子がいる場合は話が別である。
青白→SSRの順に処理をするので9が出ると文香→幸子の順に処理されジュエルが10をこえジュエルの半分が没収される。
文香を取る場合はSSRガシャをあまり回さずに幸子がでないように立ち回っていきたい。
3/9~10/2の小日向美穂が複数枚でていると刺さる目なところにも注意

新田美波 コスト3 8/3x 白

ダイス2個 0.78x 0.78x 0.78x

出目が8でコストが安くて3xだから名称2枚所有程度でもそこそこ強い、そして名称の対応カードが強い。
2dの白カードで唯一積極的に使われている印象。

城ヶ崎姉妹

城ヶ崎莉嘉 コスト2 2/1 青

ダイス1個 0.33 0.50 0.67
ダイス2個 0.06 0.08 0.11

1d青の中では弱いカードだけれどいうて青なので多人数戦では即スカウトされていく。
2,3人だとちょくちょく流れてくるかな~っていう感じ。

城ヶ崎美嘉 コスト5 7/2x 白

ダイス2個 0.92 0.92 0.92

出目7は強いんだけれど名称が少なすぎて困る。
多人数戦だと莉嘉複数枚とれないし少人数戦はカードが流れてきやすい分他の強いシナジーのカード揃えていった方が強い。
というわけで間違いなく要修正カード。
今のままだとコスト2でも取りたくないレベル。

その他カード

アナスタシア コスト2 4/8 白

ダイス1個 1.33 1.33 1.33
ダイス2個 0.67 0.67 0.67

【自分のターンに8が出た時トップアイドル1人を卒業させる 運営から8ジュエルを貰う】
序盤に4を出して一人「6/9/5文香」や「SSRカード」といった高額カードを手元に持ち次のターン余りの資金でトップアイドル姉ヶ崎の購入を狙い一人先んじて2ダイスを振り始める動きが強い。。
トップアイドル凛を売却して8ジュエル貰い2ジュエルで凛を買い戻す「6ムーブ」で稼いでいくプランもある。これも強い。
コンボの開始にアナスタシアとトップアイドル凛の2枚を購入する必要があるのでこの2巡のラグをどう見ているかによって評価が分かれるカード。

アナスタシア コスト2 9~10/4

ダイス2個 0.78 0.78 0.78

一応使用ジュエル0や期待値無いに等しいアイドルを送る分にはそこそこの収入期待値をだしている。
でもまぁジュエル稼ぎのためのカードとして扱われることはあまりない印象。
妨害目的だったり妨害されたプレイヤーが妨害札の処理のために買っていく。
ずっとコスト3でやっていたけれど元ゲーム見たら2だったので2に直しますごめんなさい。

宮本フレデリカ コスト0 5~6/-2

【お迎え時に5スタージュエル貰う。自分のターンのダイスの目で5か6が出た場合運営に2スタージュエル支払う。】

ダイス1個 -0.67 -0.67 -0.67
ダイス2個 -0.50 -0.50 -0.50

何かしらの移籍手段や5,6目での収入を用意してからスカウトしたい。
それらがない場合は「文香」や「SSRカード」が欲しかったり次のターン2ダイスを振りたい等明確な目的がある時のみ。
序盤の安易なスカウトは事務所を亡ぼすので注意。

神谷菜緒 コスト5 11/x

【全プレイヤーの場にでている「赤」のキャラクターの枚数を同じ数のジュエルを運営からもらう】
今までなんだかんだ30ゲームくらいしてきたけれど誰一人して購入されたことがないカード。
そのため強いのかどうかもよくわからない。
青のカードが存在せず誰もなにも増えない所謂「死に目」であるところの「11」で発動して8から10くらいのジュエルを運営からもらえるカードなので弱くはないはずなんだけれど・・・
そんな感じなので調整はあまりいれたくない。
とはいえ7以上のスカウトゾーンの回転率の悪さを招いている最大の要因なのでもう少し魅力的に思えるようなカードにしないとダメそうですね。

SSRカード

高垣楓 コスト6 6/2x

【全プレイヤーから2ジュエルを貰う】
他のSSRと比べると少し控えめなのでもしかしたら修正いれるかもしれません。
いうて多人数戦でシナジー一切無しで8や10ジュエルは壊れカード。
弱いということは決してないので他のSSRを弱体化の方で修正するほうが丸そうではあります。

前川みく コスト7 6/5

【1人から5ジュエルを貰う】
妨害としても死に目である6で効果を発動するところも強い。
こちらももしかしたら楓さんと同じ理由で上方修正いれるかもしれません、

一ノ瀬志希 コスト8 6/0

【自分のアイドル1人と他プレイヤーのアイドル1人を交換する(SSRとトップアイドル以外)】
幸子と並ぶ二代ぶっこわれSSRカード。
フレデリカやアナスタシアといった妨害カードを送りつけたりしなくても充分強い。

北条加蓮 コスト5 7/x

【全員のプレイヤーからそれぞれが持つ「美穂」「響子」「卯月」「凛」「未央」1枚につき1スタージュエルをもらう。】
1d戦略、赤構築、アナスタシア凛構築のプレイヤーにぶっ刺さる。3/5/5や12以上allを牽制としてしてスカウトしているプレイヤーからも獲れるし初期配布の未央も枚数としてカウントされるので実は結構なジュエル貰える。
楓さんよりジュエル数も出目の確率も高いあたりが修正の余地ありといった感じなんだけれど出目「6」は「1ダイスでも出る」っていう所みくや楓がコスト重い査定になっている理由なのでなんともといった感じ。

輿水幸子 コスト4 8~9/x

【10ジュエル以上所持するプレイヤー全員から半分のジュエルを獲得】
「幸子を所持しているプレイヤーが勝つ」という言葉があるくらい強いアイドル。
実際幸子だけで勝利している試合何試合も見てきた。
まちがいなくぶっ壊れアイドルなんだけれど幸子をなくすとワンサイドゲームを捲る手段がなくなるのでゲームがつまらなくなる。
下方修正入れるのは間違いないんだけれどどういう風にかけるのかで非常に頭を抱えている。

神崎蘭子 コスト4 8/x

【トップアイドル、SSRアイドル以外のアイドル1種類を選択して全て休業状態する、枚数分運営からジュエルをもらう】
名称分の枚数x2みたいなユニット構築をしている相手の白のアイドルを寝かすのが一番強い休業の打ち方。
赤や青のアイドルを止めるのはどうせすぐ起きるのであまりうま味がない。
初期配布カードはプレイヤー人数分の枚数があるので特に寝かしたいアイドルがいないときは初期配布を選択するというのもあり。
非常に盤面を選ぶアイドル。
大抵は「うたれたらなんとなくメンドイからスカウトしたいアイドルいないし買うか」みたいな感じで特に理由なくスカウトされていく。

諸星きらり コスト3 11~13/x

【全プレイヤーが所持するジュエルを全て集めて平等分配する。不足分は運営が補充する】
12を14にすることで回避できる点は地味に重要。
恐らくSSRの中で一番の不人気アイドル。
でもにょわ~のおかげで勝利者が変わったゲーム数回みてきたので無しにするわけにもいかない。

双葉杏 コスト1 10/x

【自分のターンの終了時、1ジュエル払うことでこのカードの下にマーカーを置く。自分のターンに10がでたとき全プレイヤーからx個ジュエルをもらう。xはこのカードの下にあるマーカーの数に等しい。このカードの下におかれたマーカーはなくならない。】
はるかな先輩が脅威的な勝率を上げているカード。SSRガシャが回らない原因を担っている一端のアイドルなんだけれど、使用者の勝率がいいから抜くわけにも上方修正いれるわけにもいかなくて非常に困る。